トレガーグリルは野外料理を美味しく、簡単に作れるオーブンです。

トレガーグリルの特徴      

簡単な操作と自動スタート
トレガーグリルは操作が簡単です。一般家庭のコンセント電気を使い、それは着火ヒーター、オーガモーターとドラフトファンを動かします。グリルをスタートすればイグナイターロッドは熱せられます。オーガーはペレットをファイヤーポットに入れ始めます。そして、ファンは空気をファイヤーポットに送ります。着火ヒーターは、赤熱して、それから2分後に切れる設定になっている発熱体です。これにより簡単にペレットに火をつけることができます。

3つの温度調節
グリルの最初のプロセスと動作温度は、トレガーグリルの電子制御盤で支配されます。マイクロプロセッサー回路は、オーガーモーターを始動、停止を繰り返して熱と煙を制御します。標準的な3つのセッティングがあります(smoke,medium,high)

オプションのTraeger Digital Thermostat Controlは15秒の間隔にオーガーモーターを止めて、始動することによって熱を閉じ込めることができます。そして、望ましい温度を維持するために、必要に応じてペレットを供給します。動作温度は、RTD(抵抗温度探知器)によってモニターされて、明るい赤のLEDにて表示されます。

少ない消費電力
着火時(最初の4分)の間、着火ヒーターは発熱中です。そして、約300ワット消費します。それから、毎時50ワットに落ちます。これは、標準的な家庭の電球と同じくらいです。

燃料の送り込み部分

コントローラーは温度センサー付きのものに変えることができます